なぜアセクシャルにひとりを楽しむ趣味で読書をオススメするのか

どうも、兎本(@usagibook1)です!アセクシャルで本が好きです。

このブログでは孤独になりがちなアセクシャルが楽しく生きていくために、「ひとりを楽しむ」というカテゴリーでも記事を書いています。

ひとり旅やひとりカラオケなどをこれから紹介していく予定ですが、最もオススメなのは読書です!

読書をオススメする理由
・ひとりの方が集中できる
・時間が過ぎるのがあっという間に感じられる
・自己投資になる

活字苦手なんだよなぁ

という人でも大丈夫!この記事を読めば、あなたも読書がしたくなるはずです。

この記事を読んで欲しい人
・読書を趣味にしたいと思っている人
・趣味がほしいと思っている人
・褒められたい人

この記事の内容
・月に7冊読書するだけで日本の上位3%に入れる
・読書は音楽や散歩、ゲームやコーヒーを飲むよりもストレス解消になる
・小説を読めば共感力があがる
・本を読めば頭がよくなる

目次

月7冊読むだけで日本の上位3%に入れる

私は月に10冊以上の本を読んでいます。

本を読んでいたり、趣味は読書だと言うと多くの人たちがこう言います。

本を読むだなんて偉いねぇ

兎本

本を読むのは偉いことなのか?

ということで、日本人がどれだけ本を読んでいるのかを調べてみました。

平成30年度の文化庁による「国語に関する世論調査」で「1ヶ月に大体何冊くらい本を読むか」をたずねた結果は以下のようになっています。

1ヶ月に大体何冊くらい本を読むか解答
読まない47.3%
1、2冊37.6%
3、4冊8.6%
5,6冊3.2%
7冊以上3.2%

本を読まない人は日本人の約半数!

つまり、本を読んでいるだけで珍しいことをやっている人になることが可能なのです。

「国語に関する世論調査」の結果によると過去(平成 20,25 年度)と比較しても、この数値にあまり変動はないそうです。

兎本

これから先も本を読んでいるだけで珍しいことをやっている人になれるってことだね!

月に7冊読みやすくて薄い本で構わないので読書をするだけで、日本人の上位3%に入ることのできるお手軽な趣味なんて読書以外にはありません。

月に7冊以上本を読む方法

月に7冊なんて多くて読めないよ……

という方でも大丈夫です。

月に10冊以上(先月は12冊)本を読む私は以下のような隙間時間に読書しています。

本を読んでいる時間
・朝起きてすぐ
・移動時間(車や電車でも)
・待機時間(レストランでごはんを待つ間や人を待つ間)
・夜寝る前30分

上記のような時間をスマホのSNSやYOUTUBE、ネットサーフィンにあてている人が多いかと思いますが、その時間を少しでも読書にさいてみませんか?

現代にはスマホで読める電子書籍がありますから、いつでも読書ははじめられます。

兎本

読書には様々なメリットがあるよ!
次項からは読書のメリットについて紹介します

読書をするメリット

メリット1.読書のストレス解消効果が高すぎる

イギリスのサセックス大学で行われた心拍数などをもとにしたストレス解消についての研究結果で、読書は高いストレス解消効果があることがわかっています。

行動ストレス解消率
テレビゲーム21%
散歩42%
1杯のコーヒー54%
音楽視聴61%
読書68%

また、静かなところで行う読書は、6分間という短い時間で速効でストレス解消効果を得られるということもわかりました。

つまり静かな場所で6分間の読書をするだけで、ストレスを3分の2以上軽減できるんです。

兎本

図書館で借りた本を読んだら無料でストレスを3分の2以上軽減できるね!お得!

メリット2.小説を読むことで共感力があがる

IQは聞いたことがあるかもしれませんが、EQやSQという言葉を聞いたことがありますか?

EQ:心の知能指数
SQ:社会性の知能指数

このEQやSQは「共感力」に影響します。

そして、EQやSQの高さは社会的成功率の高さにも直結するそうです。

EQやSQをあげたい!
どうすればいいの?

簡単です。小説を読みましょう!

アメリカニュースクール大学の研究結果によると小説を読むと、人の表情からその心情を読み取る能力が向上し、「共感力」がアップするそうです。

登場人物に共感しながら小説を読むだけで、あなたのEQやSQは高まっていきます。

小説を読んで共感することは、リアルな人間関係で共感することの練習になるのです。

メリット3.読書をすることで頭がよくなる

私たち人間のコミュケーションは、ほぼ「言語」によって行われています。

「言語」を処理し、理解する能力=「言語能力」を高めることができる読書を通じて、「平凡な人」も「頭のいい人」になることは充分に可能です。

でもそういう能力って若い方が成長しやすいんじゃないの?

兎本

心配ご無用!

脳科学の研究によって脳細胞は一生、分裂し、成長し続けることがわかっています。

つまり私たち人間は何歳からでも賢くなることは可能ということです。

他にも読書をすることで頭がよくなる根拠はたくさんあります。

・IQを左右する要因として、遺伝の次に大きいのは読書量だ。何を読んだかではなく、どれだけの量を読んだかがカギとなる。(読書量がIQに影響する)アメリカアイオワ州立大学の研究


・高齢になってからの読書は精神的退化を32%送らせ、逆に頭を全然使っていないと精神的退化が48%加速する。(読書による脳の老化防止効果)アメリカラッシュ大学の研究


・地頭の発達のカギとなり、集中力を発揮するときにも使われる脳の前頭葉の前側にあるDLPFC(前頭全皮質背外側部)という部位が、読書に集中している状態で活発化する。(読書が集中力を鍛える)茂木健一郎

『精神科医が教える読んだら忘れない読書術/樺沢紫苑)

まとめ:ひとりを楽しむなら読書をしよう!

ひとりを楽しむ趣味に読書をオススメする理由
  • 月に7冊読むだけで上位3%に入れる
  • 静かな場所で6分間読書するだけでストレスの3分の2は解消される
  • 小説を読むことは、リアルでの共感力をあげるトレーニングになる
  • 何歳から読書をはじめても頭がよくなることができる

以上の内容は「読んだら忘れない読書術」で私が得た知識です。

この本を読むと、猛烈に読書がしたくなります。

兎本

・本にマーカーを引く読書術
・本の内容を1週間に3回アウトプットする方法
なども紹介されている、読みやすい良書でした。

この記事を読んだあなたも、読書の魅力に気がついていただけたはずです!

今すぐ本屋に走るか、Amazonで読みたい本を買い物かごに入れちゃいましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

文章を書くことが好きなアセクシャル。
「文章を書いて生きる」という夢に向かって努力中。
保育士・幼稚園教諭免許あり。

コメント

コメントする

目次
閉じる