読書週間はいつ?2021年の各書店のイベントとおすすめ本5選

どうも、兎本です。1ヶ月に10冊は読書しています。

読書は静かなところで行えば6分間で68%のストレスを解消することができる超オススメの趣味です。

そんな読書をはじめるきっかけとして読書週間というものがあることをご存じでしょうか?

読書週間とは?
・10月27日の『読書の日』から11月9日までの2週間のこと
・読書を促進するイベントが図書館や各書店などで行われます

【この記事を読めばわかること】
・読書週間の歴史
・2021年の読書週間イベント
・この機会にぜひ!おすすめの本5選

目次

読書週間の戦前から続く歴史

『読書週間』は戦前から続く歴史あるイベントです。

日本図書館協会という日本の図書館を代表する組織が1924年に図書館のPRとして制定した、『図書週間』が元となっています。

当初は11月17日から11月23日までを『図書週間』としていましたが、1933年には『図書館週間』という名前に変更され、東京書籍商組合でも『図書祭』というイベントが開催されました。

しかし、1939年には戦争の影響で廃止に……。

終戦後の1947年に、日本図書館協会だけではなく日本出版協会や書店など30以上の団体による『読書週間実行委員会』が結成され、「読書の力によって、平和な文化国家をつくろう」という目的で『読書週間』として復活しました!

第1回の『読書週間』は当初は11月17日~11月23日の1週間でしたが、

一週間じゃもったいない!

ということで、第2回からは10月27日から11月9日までの2週間を『読書週間』として現在まで続いています。

兎本

ちょうど11月3日の『文化の日』=「自由と平和を愛し文化をすすめる日」を挟むことにもなったんだよ。

2021年読書週間のイベント

各地域の図書館によるイベント

元々は図書館協会が制定したイベントということもあり、各地域の図書館で様々なイベントを行っています。

あなたの地域の図書館でもイベントをやっているかもしれませんのでチェックしてみてくださいね!

丸善ジュンク堂書店グループによる『店員おすすめの100冊フェア』

hontoポイント10倍!2021年 秋の読書週間 店員おすすめの100冊フェア

丸善ジュンク堂書店グループでは、店員さんおすすめの本100冊に『hontoポイント』10倍のイベントを2021年10月10日(日) ~ 11月9日(火)の期間に行っています。

店員さんの熱意のこもったコメントを読むだけでも読書欲がかき立てられます!

リンク先で店員さんの推しコメントが見られますので、ぜひ覗いてみてください。

※対象ではない店舗もあるようなので、書店に行く前に確認してくださいね。

日本書店商業組合連合会による『秋の読者還元祭2021』

読書週間×本の日『秋の読者還元祭2021』

対象店舗で本を購入するともらえるしおりについたQRコードを読み込むと、抽選で5000名に1000円分の図書カードが配布されるイベントです。

各地域の対象店舗がリンク先にのっていますので、要チェックです!

この機会にぜひ!おすすめの本5選

『読書週間』は本から遠ざかっていた人も読書を趣味にする絶好の機会です。

個人的おすすめの本を5冊ピックアップしてみたので、この機会に読んでみてはいかがでしょうか?

『西の魔女が死んだ』

子どもの頃に読んだ方も多いかもしれませんが、大人になってから読むと、この物語のあたたかさに涙が出ます。

「最近読書してないな」という方にも読みやすい本です。

『エッセンシャル思考』

マンガ版がわかりやすかったのでおすすめです!

『エッセンシャル思考』とは「今、自分は正しいことに力を注いでいるだろうか」と問い続ける思考のことです。

世の中の99%はやらなくて良いこととし、1%のやりたいことをやるべきという強気な考え方です。

「絶対にやりたい」か「やらない」かの2択で人生を生きる考え方を教えてくれる勇気がもらえる本です。

『13歳から知っておきたいLGBT+』

私はアロマンティック・アセクシャルという「他者に恋愛感情も性的魅力も感じないセクシュアリティ」です。

この恋愛感情の持ち方や性的魅力の感じ方はグラデーションになっているのですが、そのことを詳しく説明してくれているのがこの本。

セクシュアル・マイノリティ当事者のインタビューもたくさん載っているので、いろいろな考え方に触れることができます。

10月の最終週は「Ace Week(エースウィーク)」というアセクシャル・アセクシャルスペクトラムの普及イベントの1週間でもあるので、この機会に知っていただければ嬉しいです。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない』

著者の考えるミニマリストとは「自分が本当に必要なモノ」がわかっている人。

「絶対のノー!以外はイエス」という考え方をすれば大抵のものが捨てられるという教えを与えてくれた本です。

衣替えや年末の大掃除に向けて、お片付けの考え方をインプットするのはいかがでしょう?

『レバレッジリーディング』

この本は「本の読み方の本」です。

速読より多読をおすすめしている本で、「1500円で買った本を100倍の15万円の価値にしよう」という内容です。

この本によると、成功者は必ず本を読んでいるそう。しかもお金のない時代から!

読書を「最高の自己投資」と位置づけて語られるので、読書をする私としては読んでいて気分のいい本でした(笑)

読書法は人それぞれかもしれませんが、この本から新しい読書法を盗んじゃいましょう!

まとめ:読書の秋を楽しもう

読書週間とは
  • 読書週間とは戦前から続く歴史あるものであり、毎年10月27日~11月9日に開催される。
  • 各図書館や書店でイベントが開催されている。
兎本

読書週間をきっかけに読書の秋を楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

文章を書くことが好きなアセクシャル。
「文章を書いて生きる」という夢に向かって努力中。
保育士・幼稚園教諭免許あり。

コメント

コメントする

目次
閉じる