一人時間を楽しもう!ひとりカラオケ=ヒトカラの楽しみ方

どうも、兎本(@usagibook1)です。20代後半のひとりカラオケ大好きマンです。

20代後半になると仕事が忙しかったり、結婚したりと友達と予定を合わせることが難しくなってきました。

私は結婚も恋愛も望まないアロマンティック・アセクシャルです。

人生におけるひとり時間が長い場合が多いアロマンティック・アセクシャルだからこそ、一人遊びが上手になっておいた方がお得です。

今回の記事では一人遊びの中でもハードルの低い『ひとりカラオケ』の楽しみ方を紹介します!

目次

ひとりカラオケは受付が最難関!

ひとりカラオケに興味はあるけど、受付が怖いなぁ。
寂しい人だと思われちゃわない?

兎本

ひとりカラオケをする人は多いから店員さんは気にしてないよ!

ひとりカラオケに行く上で一番の難関は受付です。

ひとりカラオケに慣れるまでは「1名様でよろしいでしょうか?」と聞かれると恥ずかしい思いがあったのですが、今はもうなにも怖くありません!笑

今はカラオケの個室で仕事をしたり、楽器の練習をしたりする人も多い時代なのでひとりカラオケをする方は珍しくありません。

それでも

ひとりカラオケなんて店員さんにどう思われるんだろう?

という不安がある人のために、元カラオケバイト経験者にひとりカラオケのお客さんのイメージを聞いてみました。

ひとりカラオケに対する店員さんからのイメージ

元カラオケバイト経験者からの声
  • 珍しくないし、気にしていない。
  • 部屋を大きく汚すことがないから、掃除がラクで助かる。
  • 料理の注文などしない人が多いから、仕事量が減ってありがたい。

カラオケの店員さんは、ひとりカラオケのお客さんのことを気にしていません!

お店全体としてはひとりカラオケだと利益が低いんじゃないかと心配する方もいるかもしれません。

ひとりカラオケの場合には追加料金がかかることもあるので、お店全体としてもひとりカラオケをするお客さんがお店にとってマイナスになることもありません。

兎本

堂々とひとりカラオケを楽しんじゃおう!

ひとりカラオケの楽しみ方

最難関の受付を突破したら、楽しいひとりカラオケのはじまりです!

周りにもひとりカラオケ大好きマンがいるので、いろいろな楽しみ方を聞いてみました。

1.好きな曲を歌いまくる

ひとりカラオケじゃなくても好きな歌を歌えばいいじゃん!

と思う方もいるかもしれませんが、私の場合は複数人でカラオケに行くと好きな歌は歌えません!!

好きな歌を歌えない理由
  • 場の盛り上がりに合わせて選曲しないとしらけるのではないかという緊張感
  • 一緒にカラオケに来た人の年齢や好みに合わせて盛り上がるように忖度してしまう
  • マイナーな曲やアニソンなどは歌えない
  • 長めの曲は次の人に申し訳ない
  • メジャーで誰もが知っている曲を歌う必要がある
  • 他の人と選曲が被らないようにしなければならない
兎本

特に職場の人と行くカラオケなんか空気読み大会かと思うくらい気を遣うよ……!

でも、ひとりカラオケなら忖度なんて必要なし!

10分近い曲でも、マイナーなアニソンでもガンガン歌いまくれちゃいます。

しかも、ひとりなので同じ曲を何回歌ってもOK!

好きな曲を納得いくまで歌いまくれちゃうのは、ひとりカラオケの特権です!

2.採点で高得点を狙う

複数人で行くと、採点機能を嫌う人がいたり忖度で採点機能を入れない場合もありますよね。

でも、ひとりカラオケなら採点し放題です!

自分の好きな曲を何度も歌って高得点を目指すこともできます。

兎本

音程バーが出る採点モードを使うと、練習しやすいよ!

3.自分の歌を録音して聴いてみる

「ナルシストっぽい」と感じるかもしれませんが、自分の歌を客観的に聴いてみると意外な発見があっておもしろいです。

カラオケは自分の歌を録音することができるので、ひとりのお部屋で自分の歌をぜひ聞いてみてください。

思っていたよりも自分は歌が上手かもしれませんよ!

兎本

歌に自信がつくと、誰かと一緒に行くときに堂々と歌えちゃう♡

4.立って歌ってみる

誰かと一緒に行くときには椅子に座って歌うことがほとんどかと思います。

ですが、ひとりカラオケなら立って歌っても恥ずかしくない!

立って歌った方がおなかに力が入りやすいので声も出やすいです。

兎本

誰にも見られていないから立ち上がってノリノリで歌っちゃおう!

5.ひとりカラオケ専門店にも行ってみる

ひとりカラオケ専門店があることをご存じでしょうか?

『ワンカラ』というお店でからおけまねきねこの系列店にあたります。

私は川崎東口店に行ったことがあるのですが、コックピットの中のような室内でレコーディングみたいに歌うことができて楽しかったです!

ひとりカラオケ専門店なので、最難関の受付も問題なく突破できるのも嬉しいところです。

兎本

店舗数が少ないのが難点……。ぜひ一度は体験してみてください!

趣味の一つにひとりカラオケを加えてみませんか?

ひとりカラオケの楽しみ方
  • 誰にも遠慮せず、好きな曲を歌いまくる
  • 同じ歌を何度も歌って採点で高得点を狙う
  • 自分の歌を録音して聞いてみて、新たな発見をする
  • 立って思い切り歌ってみる
  • ひとりカラオケ専門店で非日常を楽しんでみる

ひとりで楽しめる趣味があると、空いた時間を充実したものにできます。

ひとりカラオケはひとりで楽しめる趣味の中でもハードルが低いもののひとつ!

受付を乗り越えれば後は大丈夫なので、興味のある方は勇気を出して行ってみてくださいね!

兎本

慣れちゃえば受付も大丈夫!ひとりカラオケの世界へ踏み出そう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

文章を書くことが好きなアセクシャル。
「文章を書いて生きる」という夢に向かって努力中。
保育士・幼稚園教諭免許あり。

コメント

コメントする

目次
閉じる