【体験談】『ゼクシィ縁結びエージェント』入会のメリット・デメリット

どうも、兎本 (@usagibook1) です。結婚相談所を2件利用していました。

ひとつは個人経営の結婚相談所。もうひとつは『ゼクシィ縁結びエージェント』です。

今回は『ゼクシィ縁結びエージェント』入会のメリット・デメリットを紹介していきます。

目次

メリット:結婚相談所なのに料金が安い

一般的な結婚相談所にかかる費用

入会金 10万円
月会費 3万円
お見合いする度に払うお見合い料 5千円
うまくいって結婚して退所するときに成婚料 10万円

など、通常の結婚相談所はたいへんお金がかかります。

ですが、ゼクシィ縁結びエージェントではお見合い料も、成婚料もかかりません。

初期費用は入会金の3万3千円とプランによって異なる月会費だけ!
しかも3つあるプランの内で一番安いシンプルプランの月会費は驚きの9千900円!

※2021年7月時点

3つのプランはシンプルプラン、スタンダードプラン、プレミアプランに分かれています。

ゼクシィ縁結びエージェントの3つのプラン

一番人気のスタンダートプランだと月会費1万7千600円で、婚活のプロが、あなたに合いそうだと思う方を紹介してくれます。
また3ヶ月に1回専任コーディネーターさんと面談があります。
面談ではお見合い相手から聞いたお見合いの感想などを聞くことで、お見合いのフィードバックを行い、効率よく婚活を進めることができます。
通常はひとりで戦う婚活を専任コーディネーターさんとの二人三脚で戦うことができます。

プレミアプランでは月会費2万5千300円。
このプランではスタンダードプランで紹介したものがすべて入っているだけではありません。
専任コーディネーターさんとの面談は2ヶ月に1回行うことができ、フィードバックを早めに行えるので、より効率よく婚活を進めることが可能です。
更にこのプランには「ファーストコンタクト成立保証」という月1件以上のお見合いを保証してくれるサービスが付きます。
お見合いは申し込んでも、お断りされてしまうことがあります。
万が一、申し込みをすべて断られてしまったり、申し込みをすべて断ってしまった場合でも月に1回はお見合いができることを保証してくれるので、安心して婚活ができますね。

私は一番安い月額9千900円のシンプルプランを利用していました。
シンプルプランでは月額1万円以下で利用できるにも関わらず、困った時は専用アプリのメッセージ機能や電話などでコーディネーターさんに相談できます。
このプランの場合はプロによる紹介や専任コーディネーターによる面談はありません。専用のサイトを使って、婚活アプリのように婚活することができました。
私は婚活アプリでの婚活には慣れていたので、シンプルプランで困ったことはありませんでした。

月額1万円以下で結婚相談所を利用できるのはかなりお得です。

メリット:待ち合せ場所と時間はシステムが決めてくれる

ゼクシィ縁結びエージェントには専用のシステムが存在し、そこから婚活アプリのように相手を探してお見合いを申し込んだり申し込まれたりします。


あとは専用システムのアンケートのような機能を使えば、何時にどこで待ち合せするか、お互いの予定をすりあわせて勝手に決めてくれます。

メリット:お断りの連絡は担当コーディネーターがやってくれる

お見合いでお話ししたり、デートを重ねる内に「この人は違う」と思ったら、アプリで担当コーディネーターさんに連絡しましょう。

コーディネーターさんがあなたの代わりにお断りの連絡をいれてくれます。

婚活でお断り連絡をするときって緊張する上に、引き留められたりと面倒なことが多いです。

コーディネーターさんが代わりにお断りしてくれるのはありがたいサービスですね。

メリット:登録者に若い人が多い

ゼクシィ縁結びエージェントの会員数は3万人を超えています。
そのうち女性の62%が20~35歳、男性の84%が20~45歳です。
(『ゼクシィ縁結びエージェント』公式サイト参照)

兎本

私も利用していましたが、若い方が多いなと本当に思いました。

個人経営の結婚相談所で私が利用していた、国内最大級の婚活システムIBJよりずっと若い人は多いです。

まだ20代、30代で結婚相談所の利用を検討している方にはゼクシィ縁結びエージェントを利用することで、同年代の方を相手に婚活をできる確率が高まりますね。

メリット:身分がはっきりしている

街コンやマッチングアプリなどは、免許証などで身分を証明するところもありますが、相手が独身かどうかは定かではありません。

婚活している上で気をつけなければならないことのひとつに「既婚者や結婚詐欺師に騙されないこと」です。

多くの結婚相談所と同じように、『ゼクシィ縁結びエージェント』には「独身証明書」というものを出す必要があります。

「独身証明書」は本籍のある自治体に発行してもらうものです。

兎本

手続きはめんどうだけど、身分がはっきりしているから安心だね

デメリット:結婚に対する意欲が低い人もいる

ゼクシィ縁結びエージェントは結婚相談所なので、結婚したい方が当然来ています。

ですが、価格が安いことや年齢層が低いことが原因なのか「とりあえず付き合って、気が合ったら結婚しましょう」くらいの気持ちの男性も多かったです。

個人経営の結婚相談所で利用していたIBJでお会いした男性は結婚意欲が高く、年内に結婚したいと思っている方も多くいらっしゃいました。

もうできる限り早く結婚したいと思っている方は、結婚に対してのんびり構えている方もいるということはデメリットかもしれません。


デメリット:お見合い場所を自分たちで決めなければならない

お見合いの待ち合せ場所と時間は前述したようにシステムが、お互いの予定をすりあわせて決めてくれます。
でも、どこでお茶をしてお話しするかは決めてくれません!

ゼクシィ縁結びエージェントのコーディーネーターさんは、「男性に決めてもらうようお伝えしてあります」と言ってはいました。

ですが、実際に会ってみると

じゃあ、どこでお茶しましょっか!
この辺でいいお店知ってます?

と聞いてくる男性もいました。

待ち合せ場所は基本的に女性の住居に近い場所が優先して設定されます。

地元ではない場所で男性はお店を探さなければならないので大変なのはわかるのですが、最初にぐだぐだしてしまうのは面倒でした。

なので私は男性が決めてくれたお店があればそちらに合わせましたが、男性が決めていなかったときのためにいくつかお店をピックアップしておいて

兎本

あっちに喫茶店があったような気がしますよ。行ってみましょうか

と提案することにしていました。

男性にも女性にも、このお見合い場所を決めるというのは面倒ですよね。

個人経営の結婚相談所で利用していたIBJの法ではホテルのラウンジでお茶をすることが決まっていましたし、待ち合せるラウンジも時間も決めてもらえたので、その点はIBJの方が便利でした。

結論:安価で婚活したいならゼクシィ縁結びエージェントはおすすめ!

私は婚活をしていて3回プロポーズされたのですが、そのうちの1回のお相手はゼクシィ縁結びエージェントで出会った男性でした。

安価で効率よく婚活をはじめたいなら、まずはゼクシィ縁結びエージェントを試してみるのもいいかもしれませんよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

文章を書くことが好きなアセクシャル。
「文章を書いて生きる」という夢に向かって努力中。
保育士・幼稚園教諭免許あり。

コメント

コメントする

目次
閉じる