アロマンティック・アセクシャル診断でセルフチェックしてみませんか?

どうも、兎本(@usagibook1)です。私はアロマンティック・アセクシャルです。

アセクシャルに気付いたきっかけは婚活で100人以上の男性に会っても好きになれなかったこと。
そして男性と手をつないだ時に吐き気を催したことです。

私は自分がアロマンティック・アセクシャルだということに気が付かずに、3年もの時間を婚活に費やしました。

できない恋愛をしようと努力していた期間はとてもストレスフルなものでした……。

アセクシャルだと分かった時、「私は普通の枠にはいないんだ」とさみしかったのですが、それよりも「恋愛できない人もいるんだ」という安心感が強かったです。

兎本

過去の私に会えるなら、早く「あなたはアロマンティック・アセクシャルだから無理に恋愛なんかしなくていいんだよ」と教えてあげたい。

なのでこの記事ではアセクシャルである私が考えた『アロマンティック・アセクシャル診断』をご紹介します。

そもそもアロマンティック・アセクシャルってなに?という方はこちら↓

目次

アロマンティック・アセクシャル診断

以下の項目に「当てはまる」か「当てはまらない」か考えてみてください。

アロマンティック・アセクシャル診断
  1. 性行為や恋愛に嫌悪感を抱く
  2. 性行為や恋愛などの話に嫌悪感を抱く、またはついていけなかったり興味がなかったりする
  3. 露出の多い服を着ている人を見ても、色気を感じない
  4. 映画やドラマなどの恋愛描写は不要なものだと感じることが多い
  5. 恋人がいない人の方が好ましく感じられる
  6. 恋愛感情がどのようなものなのかわからない
  7. ラブストーリー系のフィクションが面白くない、共感することができない
  8. 友人に恋人ができるとがっかりしてしまう
  9. 結婚式の良さがよく理解できない
  10. 性行為は好きだが、しっくりこない
  11. 手をつなぐ、肌に触れるなどの行為がそもそも好きではない

あなたもそうかも?アセクシャル診断と私の実体験を参考にした診断です。

上記の項目に半分以上当てはまる人はアロマンティック・アセクシャルである可能性があります。

アセクシャルだからといって、性行為をしないわけではありません。

性行為をしたことがあったとしても、上記のアロマンティック・アセクシャル診断の項目に多く当てはまるようであればアロマンティック・アセクシャルである可能性は充分にあります。

診断結果はどうあれ、性自認は自由

上記の診断をつくったのは「私はアロマンティック・アセクシャルなんだ」ということでホッとする人のためです。

このセルフチェックで「私はアロマンティック・アセクシャルなんだ」と感じて不快になる人は「アロマンティック・アセクシャルかもしれないけど、違うかも」くらいに思っていれば大丈夫です。

兎本

自分はアロマンティックなんだ!と思っていても、ある日突然、恋をする人もいるよ。

「私はアロマンティック・アセクシャルだから恋愛なんてできないんだ!」とかたくなにならず、あなたはあなたらしく生きていってください。

恋愛したくないなら無理にする必要はない。
恋愛してみたいなら出会いの場に顔を出してみればいい。

恋愛をしようがしまいが、あなたがあなたらしく楽しく生きることができる道が正解です。

アロマンティック・アセクシャル診断の結果は参考程度にとどめて、自分らしく生きてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

文章を書くことが好きなアセクシャル。
「文章を書いて生きる」という夢に向かって努力中。
保育士・幼稚園教諭免許あり。

コメント

コメントする

目次
閉じる